目前進度: 13 / 21

這對果然是很歡樂的逗嘴死黨 (笑) 當初聽ドラマCD時就已經是笑到不行了 wwww

這邊的メガ果然是彆扭到不行啊~wwww 不過沒想到沒有出現松浦 看來只有ノマ路線會出現吧~残念

至於本多的反攻到底何時會成功呢?! 就讓Spray在出後續吧......( ̄▽ ̄)ククク

それでは、ネタバレがあるので、ご注意くださいね。


這次終於比較不像「メガの受難日」了?! 雖然澤村還是有出場 不過這次重點放在本多部份

在義大利發展的本多與佐伯一起回到了日本 佐伯一回來就接了新工作的任務忙的不可開交 而澤村的事也讓他相當動搖
本多則是在確保練習場時 被記者採訪 剛好讓當初弊賽事件的頭頭看到 以為本多要說出弊賽一事 所以威脅他身邊的人

沒多久 就有工場的鋼筋鐵條掉落事件 本多保護了佐伯 雖然兩人都沒事 但本多為了不讓佐伯受傷 所以選擇分手
但一星期後 本多自告奮勇的去找頭頭道歉 並請他不要傷害自己身邊的人後 再找佐伯道歉 希望能取消分手

本多說出了事情所有原委後 彆扭的佐伯怎麼可能那麼輕易就說ok 總之吵了一大架以後才和好 www


No.05 遠くない未来

素直ではないメガはカワイイーー!!! (笑)

本多も相変わらずロマンチックな奴ではないな~ 最後のところでくしゃみをするなんてなぁ~wwww

っていうが、メガは抱かれる気はないが、何故HappyやBad Endを問わず、メガから「抱いてくれ」と言わせるような結果になった?

多分、本多を励ますのだけではなく、実は心のどこかでそんな事を望んでいるかもしれない....(≧▽≦)ノ 本多、頑張れ~www


最初のところ..
本多:「あいかわらず、ノリ悪いなあ..。 お前には侘び寂びってもんがないのかよ?」
佐伯:「言葉を返すようだが、少なくともお前にもあるとは思えないぞ」(爆笑) → そうかもね。
本多:「うるせぇ」→ だから、このような返事ではなく、他の言葉で返したらどう? メガはいつかお前にやられるかも。 (違)

弱気になったメガ...
佐伯:「せっかくのオフだっていうのに、ちゃんと相手をしてやれなくて悪いな。
本多:「....お前、どうしたんだ?」
佐伯:「何がだ?」
本多:「いや。 そんなことで謝るなんて、珍しいからさ。 雪でも降るんじゃないか?」→ 確かに (笑)

メガがMr.Rの眼鏡を拒んだ時..
Mr.R:「残念ですよ。 佐伯克哉さん。 あなたがここまで人間的だったとは思いませんでした。」
→ キチクのメガが欲しいが、何となく、ケダモノの方に思った...(= =;)

ケンカを売っている時...
佐伯:「どうするつもりだ? 殴って言うことを聞かせるか? それともこのまま俺を犯してみるか?」→ 本多、やれ~www
本多:「....っ!! ふざけんな、俺はお前と真剣に話してるんだ。」
佐伯:「俺だって真面目だ。 それで、このあとどうする気だ? 殴って無理にでも聞き出すのか?」→ 挑発しか見えないけど。
本多:「っ....。」
佐伯:「幸いギャラリーはいないぞ。 お前のしたい放題だ。 どうする? 今ならお前の長年の念願どおり、俺を犯せるかもしれないぞ。
→ 本多、そのとき強引しないとダメだぜ。 wwww せっかくメガからそんな事を言い始めたから。

ケンカが終わった時..
佐伯:「ふぅ...、これにしても、この歳になって、あんなことをするハメになるとは思わなかったよ。」→ 2人ともまだまだ若いぜ~ww
本多:「俺もだ。」
佐伯:「原因を作った張本人が言うな。()」(爆笑)

(略 メガのスーツを弁償する話)

佐伯:「お前の目は節穴か? お前のはその辺の量販店の安物かもしれないが、俺のは違うぞ。 色あわせこそ昔と同じだが、これはイタリアで仕立てた一点もののオーダースーツだ。 値段もお前のとは桁ひとつ違う。」→ 相変わらずひでぇ~www
本多:「ええっ!! マジで!?」
佐伯:「ああ、マジだ。 後で店名教えるから、買って来いよ。」
本多:「くそう...、軽々しく言うんじゃなかったぜ。」
佐伯:「ふっ、自業自得だ、くくくっ...。
本多:「ははっ。

(略 やはりどうしてもメガの答えを聞きたい本多)

本多:「それで、結局俺とはどうするんだ?」
佐伯:「ん? そうだな...。 お前の馬鹿な毎日につき合ってやってもいいかもしれないな。」
本多:「馬鹿は余計だろ、馬鹿は。」→ 余計なんかない。 それは事実だ~~www
佐伯:「俺と別れたくないって、土下座までするような奴のどこが馬鹿じゃないって?」→ その通りだ...( ̄▽ ̄)
本多:「るせぇ。」

家に帰った後..
本多:「俺も一緒に入ろうと思ってよ。」
佐伯:「出て行け。」→ 本多がKY
本多:「そう言うなよ。 今さら照れるような仲でもないだろ。 ほら、さっさと詰めろよ。」
佐伯:「照れてなんかいない。」
本多:「じゃあ、いいじゃねえか。 俺だって寒いのに、お前だけ先に風呂入りやがって。」
佐伯:「ここは俺の家だ。 優先権は俺にある。 それに見てわからないか? この風呂は1人用なんだ。 お前にみたいな図体のでかいのが入ってきたら、湯がなくなる。」(爆笑) → 優先権か..食うか、食われるかの意味で考えたら.....( ̄∀ ̄)ククク

そして、イタリアに帰る前に、メガは本多が抱かれる側の事をもう一度教え込んだ。 wwww やれやれ ラブラブ過ぎる~~www


Bad End

No.6 同じ空の下で メガはこのままで日本にいる。 本多は一日でもはやく日本に帰る事を約束した。

No.11 契約のキス メガ x 片桐のルートとの結果は同じ。
創作者介紹
創作者 rabbit625 的頭像
rabbit625

Takoのダイアリー

rabbit625 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()